ブックマーク ラグナロク通り

成功報酬・手数料

手数料や、製造が成功したときに支払う成功報酬がかかります。BSさんにより料金や支払い体系が異なりますので、必ず事前に相談してください。特にお金に関することはトラブルに発展しやすいです。

具体例

金額の相場が分からないと思いますので、具体的な例を紹介したいと思います。サーバーによって材料の相場が異なりますから、それに合わせ料金も変わってくるのではないでしょうか。ここでは数例ずつ様々なサーバーの例を紹介します。なお、料金は2004年初期のものです。※ページ下で用語について説明します。

引用:BSに鉱物・武器製造の依頼、請負スレ 請負BSリスト


【手数料】 鉄 個数*(100zeny +溶鉱炉代) 溶鉱炉代は忘れた人のみ
ブレスグロリアプリをそちらで準備の場合は個数*(50+溶鉱炉代) 武器 ATK*100zeny (+金槌代)
ブレスグロリアプリをそちらで準備の場合は料金無料(金槌代のみ)
【報酬】 鉄 ゼロ。手数料以上はいただきません。(手数料は報酬込みの金額です)
なお、10個以上の製造で製造率8割をきった場合は鉄、もしくは1個頭2Kの保証をします。
武器 ATK*500zeny  (例えば水メイスならばATK37*500zeny=18,500zeny)


【手数料】槌もしくは溶鉱炉or実費 溶鉱炉を忘れた人は実費
【報酬】 鉄 成功数*200zeny 鋼鉄 成功数*1000zeny
Lv1武器 50k(50,000zeny)  Lv2武器 100k(100,000zeny)  Lv3武器 200k(200,000zeny) 


【報酬】お気持ちで結構です


【手数料】 ありません
【報酬】  鉄:1個100zeny 、鋼鉄:1個500zeny  成功率によって割引します。  
報酬の計算は[報酬×成功数×(成功数/総数)]になります。  
※ 武器製造時の材料作成としての鉄、鋼鉄の作成は報酬無料です。  
武器Lv1:5,000zeny 、武器Lv2:50,000zeny(50k) 、武器Lv3:150,000zeny(150k)   
※失敗時、次回同じ物をご依頼いただけるときは報酬半額で、3回目以降  報酬無料で受けさせていただきます。星入りでも報酬は変わりません。 ※属性石の結晶化、星のかけらの作成などは無料で行っております。


【報酬】  成功報酬 ・LV1=20,000zeny (20k)、LV2=70,000zeny(70k) 、LV3=150,000zeny(150k)  
値下げしました。失敗時は報酬半額です。2連続失敗の時は以後成功するまで無料です。
鋼鉄 1個@500zeny


【手数料】溶鉱炉・金鎚代。 溶鉱炉、金槌を忘れた人用
【報酬】  
※鉄・鋼鉄の製造は、ご依頼の武器の材料となる場合のみ承ります。  
この場合、溶鉱炉の実費のみ頂きます。  
■Lv1武器製造費: ATK*300z(星はATKに含めず)  
■Lv2武器製造費: ATK*600z(星はATKに含めず)  
■Lv3武器製造費: ATK*900z(星はATKに含めず)
 
製造費は初回成功時のみ頂きます。  
失敗時には、以後成功するまで同一依頼品の製造費は無料です。


【手数料】溶鉱炉、金槌代(出来る限りお持込下さい) 溶鉱炉代は忘れた人のみ
【報酬】鉄:成功数×200z     
鋼鉄:成功数×1000z     
Lv1武器:50,000zeny  (50k)    
Lv2武器:100,000zeny (100k)     
Lv3武器:200,000zeny (200k)
    
(武器の報酬は成功時のみ頂きます。報酬は星入りでも変わりません。)


【手数料】なし(金槌と溶鉱炉は各自持参でお願いします)
【報酬】そちらにお任せします


【報酬】挑戦時手数料:無し(必要経費のみ)
成功時報酬Lv1武器30,000zeny (30k)Lv2武器110,000zeny (110k)Lv3武器200,000zeny (200k)
鉄:成功数*100z
鋼鉄:成功数*1,000zeny
属性石(風)*20,000zeny
などなど。


【手数料】なし(金槌は持込頂けると有難いです)
【報酬】武器Lv1:ATK*250zeny  Lv2:ATK*500zeny  Lv3:ATK*750zeny  でお願いします。勿論成功時のみです。     
星混入は一個につき+10%お願いします。


【手数料】溶鉱炉、金槌代(出来る限りお持込ください)溶鉱炉代は忘れた人のみ
【報酬】鋼鉄:成功数×250z     
Lv1武器:20,000zeny (20k)    
Lv2武器:50,000zeny (50k)    
Lv3武器:100,000zeny (100k)
    
(武器の報酬は成功時のみ頂きます。報酬は星入りでも変わりません。)

用語説明

ATK*数字

ATKは武器の強さです。
*は乗算の記号×です。

製造する武器のATK×数字が料金となります。数字はBSさんが決めます。

例:あるBSさんのマインゴーシュの料金
手数料:ATK*100 成功報酬:ATK*500

マインゴーシュのATKは43です。
手数料「43×100=4300」
成功報酬「43×500=21500」

失敗した場合は4300z。成功した場合は4300z+21,500zが費用としてかかります。

グロリアブレスプリ

「グロリア+ブレス+プリースト」

つまり、職業がプリーストで「グロリア(レベル不問)」と「ブレスレベル10」のスキルを持つプレイヤーの略語です。

詳細については、10ページ目の求)武器製造支援プリ様 お願いします(1/2) 求)製造手伝ってくれるプリさん(2/20) をお読み下さい。

「ご依頼の武器の材料となる場合」

紹介した例の中に“ご依頼の武器の材料となる場合”というくだりがあります。

このように、「武器製造時の材料作成として」や「ご依頼の武器の材料となる場合」と条件を提示しているBSさんがいます。

例(×不可能、○可能)
×鉄鉱石を鉄に加工のみで依頼終了
×武器と、鉄鉱石を鉄に加工してほしい。しかし武器の材料は予めすべてそろい所持している
○まず鉄鉱石を鉄に加工して、その加工した鉄をそのまま武器製造に使う場合。

補足

このページには「武器製造時の材料作成としての鉄、鋼鉄の作成は報酬無料です。」というBSさんの文章があります。

通常、鉄や鋼鉄を作成依頼する時には、溶鉱炉代+成功した分1個ずつに成功報酬がかかります。依頼された武器の材料となる場合でも、通常成功報酬は必要です。この表記をしているBSさんに限って特別に無料サービスをしてるだけと考えましょう。

溶鉱炉、金槌

手数料に、溶鉱炉・金鎚代と書かれていますが、これは溶鉱炉や金槌を忘れるプレイヤーが多いための配慮でしょう。もしも忘れた場合は、こちらで用意しますが、その金額をお支払いくださいね。と意味です。

だからといって「BSが用意してくれるなら もっていかなくていいや〜♪」などという考え方はやめましょう。必ず武器レベルの金槌と、加工してほしい数分の溶鉱炉を、事前に用意してBSさんに依頼してください。

間違いに注意

必要なのは、金槌(かなづち)であり、金敷(かなしき)ではありません。字が非常によく似ているので注意が必要です。

かなづち【金槌】

釘などを打ちつける道具。頭部が鉄製の鎚。ハンマー。
ラグナロクでは、武器を1個製造するごとに、1個金槌(かなづち)が必要です。また、金槌(かなづち)は消耗品です。依頼側が用意する必要があります。

鋼鉄金槌鋼鉄金槌。レベル1武器製造に必要。
黄金金槌。レベル2武器製造に必要。
オリデオコン金槌オリデオコン金槌。レベル3武器製造に必要。

かなしき【金敷】

鍛造や板金で、加工しようと思う金属をのせる鋳鉄製または鋳鋼製の作業台。
ラグナロクでは、金敷(かなしき)を武器製造するブラックスミスが所持する事によって成功率が上昇します。
依頼側が購入する必要はありません。大抵は予め製造側が3種類のうちの一つを所持しています。ちなみに金敷は消耗しません。

金敷金敷 オリデオコンの金敷 黄金の金敷 エンペリウムの金敷
右→にいくほど成功率上昇。エンペリウムの金敷はNPC非売品です。

「料金はお気持ちで」

「じゃ、1Zeny。」などと意地悪な考えや行動はとる人はいないと思いますが…。

確かに、本当に「1Zenyでも結構ですよ」と心から思うBSさんもいるでしょう。しかし、依頼者が言う「1Zenyで」はその大半が意地悪な考えからくるものです。「1Zenyでもいいんです」というBSさんの広い心に対して「じゃー1Zeny」というのは狭い心というものです。

製造BSはとてつもない苦労があります。報酬は、磨き上げた技術に対する代金でもあり、BSさんへの評価や感謝の気持ちを表すものでもあるでしょう。それを1zenyというのは、そのBSさんには1zenyの価値だと言っているようなものです。屁理屈で自分の利益しか考えず、あるいはBSさんをまるでNPC扱いしたようなものではないでしょうか。

仮にあなたがBSで、仕事を請けた時の事を考えてみましょう。「気持ち?じゃ1zでw」と依頼者があなたに言ったとして、良い気分になるでしょうか? BSさんは製造に誇りを抱いている人が多いです。一生懸命なBSさんに対して、愚弄に繋がる行為は慎み、誠意のある態度をとりましょう。

また、いわゆる「お気持ちで結構ですよ」というのは一種日本においての社交辞令みたいなもので、はっきりと具体的な報酬をしめさないのは、何でもオブラートに包む日本人の社会の礼儀的な意味合いもあると思います。

お気持ち料金に困ったら

もしかしたら、訪ねれば参考として相場を教えて貰えるかもしれませんが、ほとんど返ってくる答えはやはり「お気持ちでいいですから」でしょう。しかし、料金表のない“お気持ち”に特に初めての人は悩んでしまいますよね。

そこで、初めて依頼するときは、予め料金が決まっているBSさんに依頼するのもいいと思います。その方が、初心者であるあなたには助かりますよね。

金額について、そんなに深刻に悩むことはありません。きちんと考えたうえで支払った金額やアイテムに対して、例え結果的に少なくとも「あなたの気持ちはその程度なの?」と返すBSさんもいないことでしょう。そうでなければ最初から「気持ちで結構です」という言葉は使わないはずです。

しかし、気持ちをお金で表現するというのは何とも難しいことですね…。