ブックマーク ラグナロク通り  
ホームチャットルーム説明書製造チャット説明目次>8

BS製造武器の露店価格の話

はじめに

プロンテラ風景  日頃、商人系キャラクターが開設している露店の販売商品を見て回っていると、BSさんが販売品物に自身が製造した武器を並べているのを見かけますよね。

 例えば、右の画像はプロンテラの風景を撮影したものですが、画面内ほとんどの看板アイコンは露店のものです。入りたい露店看板アイコンにカーソルをあわせた状態でマウス左ダブルクリックをすると販売商品を見ることができます。

その時に、露店を覗いたという情報は誰にも分かりませんので、ウィンドウショッピングは自由に楽しむことが出来ます。システムメッセージで露店側が分かる情報は売れた商品名と個数のみです。販売状況メッセージが表示された時間を、売れた時間とみることができます。

露店販売している製造武器の価格が高いのは何故?

 自分が製造した武器をそのまま露店販売しているBSさんがいます。それは依頼されて製造したものではなく、露店販売するために製造した武器です。その武器価格は、あなたにとってとても値段が高いかもしれません。しかし、製造武器の価格が高いのには理由があります。

 まず、もともとの材料費が高いのが一つの理由にあります。すべての必要材料がNPC販売アイテムではないため、プレイヤーから直接買い取りを行なったり、露店から必要材料を購入したり、自分で集めたりせねばなりません。当然需要が高く供給量が低ければ、価値が高くなりプレイヤーの間で取引される値段も高くなります。

 そして何より、前のページから説明していますが、製造成功率の問題があります。BSさんに依頼をして製造を行なってもらうと、失敗することがありますよね。失敗した場合には、その失敗した製造にかかった消費材料がゲーム上から消滅します。

 それに対して、露店売りはすでに完成している品を購入するわけですから、依頼の時とは違い、失敗のリスクはありません。その代わりに製造を失敗した場合のそのリスクは、そのまま製造側のBSが負うことになります。また、材料を集める手間や材料費もBS側の負担です。

 成功率はもともととても低いです。そのため已むを得なく、失敗した時の値段をのせて売らないといけません。材料2本分以上と手数料くらいの値段が入っているのではないでしょうか。

 貴方は材料を集める必要も失敗して材料を失うこともなく、武器を手に入れることができる変わりにそれ相応の値段がします。

失敗のリスク

 だって勝手に武器作って勝手に失敗したのBSじゃん!なんでそっちが勝手に失敗した分の材料費も、自分が払わなきゃいけないんだ!!!

露店で販売している製造武器の価格が高いと考えている人は、同時にそんなことも思っているのではないでしょうか?

 BSさんに製造を依頼して 成功した場合

 あなたはBSさんに払う報酬などの手数料と、自分で持ち込んだ材料のみで武器を手に入れることができます。しかし、失敗した場合はあなた自身の材料を失ってしまいます。

例えば、成功率が5割と予想される武器を製作したとしても、5割の確率そのままに成功するとは限りません。2本中1本成功するどころか、何本製造しても連続で失敗することはあります。この場合材料を失うのは、持ち込んで依頼をしたあなたです。

つまり、自分で材料を持ち込んで製作依頼する場合は、武器1本分の材料で完成することがある反面、失敗して10本分の材料を失うリスクもあるわけです

 一方 予め完成している製造武器を購入した場合

 すでに製造が成功して完成しているのですから、あなたは材料を失う心配はありません。その変わりにBSさんが1本分の材料で完成することがある反面、失敗して10本分の材料を失うリスクを負っています。 ですから、露店販売をしている製造武器は、製造段階で失敗した場合には材料を失っているのはBSさんです。

 製造成功率というのは、あなたが依頼して武器を製造しようが、そのBSさんが自力で集めた材料で武器を製造しようが変わりません。いかなる理由で製造を行おうとも、理由に関係なく失敗のリスクは常に付き纏います。

例え材料2本分位の価格で武器を露店に並べているBSさんでも、その陰では10本以上の武器材料を失敗して失っているかもしれません。

しかし、だからといって10本分の材料費が含まれた価格で販売をしても、その値段の高さに買い手は購入することが難しいです。そのためある程度、価格を下げなくてはなりません。

つまり、BSさんが製造に何度も失敗をしていれば、例え売れても損失を埋めることは出来ず赤字になっている場合もあるわけです。

もしも、完成武器を、常に材料と手数料だけで、露店に並べなくてはならないとしたら

 何度もお話しをした通り、武器製造成功率はとても低いです。ですから例え、一度1本分の材料で武器が完成したとしても、武器を連続で成功し続けることなど到底できません。当然失敗した材料分、毎回毎回損をしていくことになります。

そうなると、わざわざ露店に並べるために武器を製作することはなくなり、BSは誰も完成品を露店に並べることはなくなるでしょう

 完成品の武器をBSが損をしない程度に露店価格設定することで、BSは露店用に完成品を製作することができ、次回の制作費も得ることができるのです。

そして買い手もまた、設定された提示価格を支払うことで、自分で材料を集めたり、それを連続で失敗して失うこともなく、安全かつ確実に完成品を手に入れることができます。

つまり、ギブアンドテイクの精神ですね。

 失敗分の材料費分が上乗せされるのは、BSさんの利益のためでもありますが、この次も武器を製造できるようにするためでもあります。損をするために露店に並べる武器を製造するBSさんはいないでしょう。

特に成功確率の低い武器は、生み出されることなく材料のみが日々消滅しています。そのため、露店に出品されている武器を見かける機会も多くはないはずです。

 それだけBSさんは、陰で大変な思いをしています。製造武器露店販売が、旨みのある商売だと考えるのは間違いです。

 「高い価格つけて大儲けしてんだろ!」と、思った方も、このページを読めば露店の価格は大儲けどころかたいした儲けにもなっておらず。さらには損得がほぼ同じか、それ以下だということがわかるはずです。

 しかし…、そうですね。腕の良いBSさんなら、たくさん製造をしてそれなりに利益を上げている人もいるのかもしれません。その代わりに成功率が高くなればなるほど苦労に苦労を重ね、レベルを上げをしたり、成功率をあげるために製造補助アイテムの入手をしなくてはなりません。もちろん成功率が高くなるといっても、失敗のリスクは常にあります。もともと成功率そのものは低いですし、そう急上昇するものではありません。

おわりに

 たしかにBS産武器は、一見価格だけを見ると、とても高いものであると思います。しかし、ここまで目を通して頂けたのなら、何故BS産武器の露店価格が高いのか、分かってもらえたのではないでしょうか。

前項 / BS製造目次 / 次項
ホーム / このページの一番上に飛ぶ↑
ブックマーク ラグナロク通り