ブックマーク ラグナロク通り

チャットルームを利用する理由

アイテムは露店で販売できますが、露店を開けない職業や、露店限度額を越える高額取引、または物々交換など、さまざまな理由から、プレイヤー同士の直接交渉で、アイテム取引が行われています。

その取引相手は、基本的にチャットルームで募集しますが、 これはオープン発言で取引相手を探すよりも都合が良いためであり、 けして決められた取引ルールではありません。

そして、チャットルームタイトルで会話しているわけでもありません。タイトルはあくまでも題名です。

チャットルームがなかったら

オープン発言で取引相手を捜すのはとても不便です。

首都プロンテラの取引チャットルームの多さをご存じでしょうか。もし、チャットルームを使用しなかった場合、あの大人数がオープン発言で取引者を募集することになるわけです。

プロンテラの画像っす「白ハーブ400zで売りま〜す」
「ポリンカード1kで買ってください〜」
「木琴マフラー売ってくださいー」
「+8S3チェイン売ります〜」
「白ハーブ400zで売りま〜す」
「ポリンカード1kで買ってください〜」
「木琴マフラー売ってくださいー」
「+8S3チェイン売ります〜」

想像してみてください。このような混乱状態になれば、取引どころか日常会話さえ成り立たなくなってしまうかもしれません。さらに、オープン発言は同じ発言を繰り返すと、自動で発言を禁止されてしまいます。

プレイヤーアイデア

そこでプレイヤーは、チャットルームを利用しようと考えました。

チャットルームは、看板メッセージをキャラクターの上に、ずっと表示させられます。この利点により、オープン発言で取引相手を探す不便さはなくなります。

さらにチャットルームには、他にも便利な点があったため、プレイヤーはチャットルームを利用するようになりました。

チャットルーム利用はシステムルールではない

つまり、チャットルームで募集することは、決められたシステムルールではないということです。

チャットルームで取引している人は、オープン発言で募集するよりも、チャットルームを利用した方が、いろいろと都合が良いと自分で考えて決めただけなんです。 そして、次第に周りのプレイヤーも同じことを考えるようになり、現在に定着したわけです。

ですから、絶対にチャットルームを利用しなければならないルールはありません。

チャットルームのタイトルにメッセージを書いて話しかけることが、ラグナロクの一般的な礼儀だと勘違いしないでくださいね。

売買取引において、オープン発言を利用するよりも、チャットルームを利用するプレイヤーが多いということです。これは、取引についてだけ言えます。

poringdoll.gif(203 byte)

たまに、オープン発言で会話をしていると「オープン発言の会話はログが流れるからやめて」という人がいますが、オンラインゲームは会話をしてこそのゲームですし、そういった方用に、ログ流れ防止用のコマンドもちゃんと実装されていますから、あまり気になさらないでいいですよ。