最終更新日 : 2012年 12月 12日 ( 水曜日 )

コマンドライン一覧の説明

ぺージ移動しました。
コマンド一覧

/h : コマンド リスト一覧表示

/h
/help

 現在ラグナロクで実行可能なコマンドのリストを、チャットウィンドウ発言入力欄に空色のログとして表示します。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

h.png(12280 byte) ゲーム中、コマンドを確認するときに便利です。しかし、コマンドの数が多いので、リストを表示させると一気にログが流れます。コマンド実行により、他人のログ欄がコマンドリストに埋め尽くされることはありませんが、自分のログ欄は埋め尽くされます。会話中に実行する場合はログ流れに気をつけてください。また、いつもログインすると必ず表示されているコマンドがこれです。コマンドではない操作説明も混じっています。

/w : 現在のサーバー接続人数表示

w.png(3126 byte)/w
/who
/wjqthrwk
/snrn
/チネ

 現在そのサーバーに接続している人数を表示します。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 コマンドを実行したときに接続していたサーバーの、瞬間接続人数を表示します。ちなみに、/チネはクライアントの中で韓国語に変換されるとか何とか。韓国のラグナロクでは、コマンドに韓国語が使えるんです。

/where : 現在の位置表示

/where
/whkvy
/wkdth

 現在接続している場所の名前と、座標を表示させます。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

where.png(4861 byte)
このコマンドは、現在接続している自分の場所と、その地面座標を正確に知る事ができます。現在滞在中の街名称が判らなかったり、友達にマップ名や座標を伝える時に便利なコマンドです。

/bgm : BGM オン オフ

bgm.png(2887 byte)/bgm
/dmadkr

 BGM オン オフの切り替えができます。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内のBGM□onにチェックでも同様。

 BGMが流れているときに実行すると、BGMが止まります。止まっている状態で使用すると、BGMが流れるようになります。ラグナロクの音楽は大変定評がありますので、一度は聴いてみてくださいね!

 BMG:Back Ground Music、背景に流れる曲の事。

/bv 0〜127 : BGM ボリュームコントロール

/bv

 BGMの音量を、数値で調整します。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内のBGMバーでも同様。

bv.png(4019 byte)《発言例》

/bv
現在のBGM音量を数字で確認します。音量は0〜127まであります。

/bv 1
/bvと1の間に半角スペースを挿入してください。効果音の音量を0〜127のうち「1」に設定されます。

/bv 300
音量数値の上限は127です。それを越える数字を設定すると「サウンドボリューム 127」と、表記され音量が最大の127になります。

/sound : 効果音 オン オフ

sound.png(3045 byte)/sound
/gyrhkdma

 効果音 オン オフの切り替えができます。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内のEffect□onにチェックでも同様。

 効果音が聴こえる状態で使用すると聴こえなくなります。止まっている状態で使用すると効果音が聴こえるようになります。

 効果音:スキルの音、武器打撃音、敵の音等のこと。

/v 0〜127 : 効果音 ボリュームコントロール

v.png(4426 byte)/v

 効果音の音量を、数値で調整します。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内のEffectバーでも同様。

《発言例》

/v
現在の効果音量を数字で確認します。音量は0〜127まであります。

/v 1
/vと1の間に半角スペースを挿入してください。効果音の音量を0〜127のうち「1」に設定されます。

/v 300
音量数値の上限は127です。それを越える数字を設定しようとすると「サウンドボリューム 127」と、表記され音量が最大の127になります。

/effect : エフェクト オン オフ

effect.png(3286 byte)/effect
/dlvprxm

 エフェクト表示 オン オフの切り替えをします。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 画像のデジタルエフェクトの事です。音楽のエフェクト効果の事ではありません。例えば、プリーストの全体魔法や、ウィザードの大魔法スキル等のエフェクト表示の有無を選択できます。オフにすると、スキルを使用しても頭の上にスキル名が表示されるだけで、エフェクトが表示されなくなります。

■利点

 パソコンの性能が低いと、エフェクト表示の際にラグが発生してしまいます。その場合は、エフェクトの表示を止める事で、エフェクトが原因のラグは防ぐ事ができます。しかし、それ以外や、ゲーム側で発生するラグは防げません。

■欠点

 エフェクトが表示されないため、ファイヤーワール等の魔法発生ヶ所が分からなくなります。マップ移動位置エフェクトも見えなくなるので、位置を把握していないと不便です。

 また、一部/effect対象外のスキルもあります。例えばワープポータルがそれにあたります。これは、エフェクトをオフにすることで、ポータルが見えなくなり誤ってポータルに入ってしまう事を防ぐためです。

/mineffect : エフェクト簡略化表示 オン オフ

manipi.png(4438 byte)らぐどっと/mineffect

 エフェクト簡略化表示 オン オフの切り替えをします。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 主にプリーストのパーティー全体に効果スキルなどが簡略表示されます。他には商人スキルメマーナイトなどです。ほとんどのスキルは、まだ簡略化の実装が進んでいません。(右上画像はイメージ図です。)

/lightmap : 影表示 オン オフ

/lightmap

 影表示 オン オフの切り替えをします。
※このコマンドはSetup.exeでも切り替えができます。

 建物や木等の影表示をオフにできます。フィールドなど、木の影でモンスターが見えにくい場所でこのコマンドを使えば見晴らしが良くなります。

■/lightmapの謎

r00.jpg(10564 byte)
Setup.exeの□Use Lightmapにチェックを入れた状態を基準として考えます。

r01.jpg(11446 byte)
一度だけ/lightmapと発言して影のオンオフを入れ替えます。

■ここでリログインをするか、マップ切り替えをします。

r03.jpg(8837 byte)
影表示をオフにした状態で再度/lightmapと発言すると、背景が極端に明るくなってしまいます。

■上の、真っ白な状態をたもったまま、再度リログインをするか、マップ切り替えをします。

r00.jpg(10564 byte)
元に戻ります。

 これを逆手にとって、真っ暗なダンジョンで使用すると便利そうです。/lightmapと発言しても、オンオフ状態のログ表示はありません。

 ちなみにライトマップは、パソコンのスペック不足だと重くなります。その場合は、Setup.exeの□Use Lightmapのチェックを外すと若干動きが改善するかもしれません。

/aura : Lv99オーラ簡略化表示 オン オフ

/aura

aura_on.jpg(6133 byte) → aura_off.jpg(5850 byte)

 Lv99キャラクターのエフェクトを簡略化することができます。2003年10月7日に実装されました。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 キャラクターがベースレベル99になると、その足元にオーラと呼ばれるエフェクトが常時表示されるようになります。そのオーラエフェクトを簡略化するためのコマンドです。

 これは、レベル99キャラクターを持つプレイヤーのためのコマンドでしょうか。エフェクトオフで表示を見えなくできますが、それだと他の魔法エフェクトも消えてしまうためかな? また、レベル99キャラクターのことは、オーラバトラーと呼んでいます。

aura.png(9425 byte)

/fog : 霧(フォグエフェクト)表示 オン オフ

/fog

霧効果オン → 霧効果オフfogoff.jpg(10402 byte)   fog.png(2818 byte)
/fogと発言しても、オンオフ状態のログ表示はありません。

霧の(フォグエフェクト)表示を切り替えます。
※このコマンドはSetup.exeでも切り替えができます。

 オフにした方が、画面は見やすくなるので、Setup.exeの□Enable Fogのチェックを外すことをお薦めします。根元からぷっつりと。

/miss : MISS!!表示 オン オフ

/miss

 「MISS!!」表示のオンオフ切り替え
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

 モンスターに攻撃が命中しなかったり、モンスターの攻撃がプレイヤーに命中しなかった際に「MISS!!」という赤か灰色の表示がでますよね。それをオフにする事で 「MISS!!」表示させない事ができます。表示が見えなくなるだけで、MISSが起こらなくなるわけではありません。

miss.jpg(2819 byte) miss1.jpg(5889 byte) miss2.jpg(3493 byte)

/font : キャラクター名表示位置変更

/font

  キャラクター名の表示位置を、上下に切り替えます。
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

通常キャラクター名は、キャラクター自身の足元に表示されています。それを、頭上に表示位置を切り替えることができます。

font.jpg(6195 byte) チャットルームや露店を開いているキャラクターの場合、名前を頭上に表示させると、看板アイコンと重なってしまい、とても見えづらくなってしまいます。

 ちなみに私のプリーストの視点から、頭上表示ではヒールなどのがやりにくいです。ダメージ表示は放射線状に上へ流れるので、頭上に表示されているとダメージ表示で名前が隠れてしまい見えにくいです。そのため、私の場合は足元に表示させてます。慣れが大きいのかもしれません。

/emblem : ギルドエンブレム表示 オン オフ

/emblem
/dpaqmffpa
/doaqmffpa

 ギルドエンブレムの表示 オン オフを切り替えます。
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

 キャラクターにカーソルをあわせると、24×24ピクセルの画像が、名前の左付近に表示されることがあります。その画像のことをギルドエンブレムといいいます。そこでこのコマンドを実行すると、画像を表示しなくなります。

 利点は、パソコンのハードディスク容量を圧迫しなくなることです。一度見たギルドエンブレムは、キャッシュとしてパソコンに保存されます。1個のエンブレムサイズはとても微々たるものですが、ちりも積もればメガ単位の容量に成長します。しかし、表示しなくなれば、当然保存もしなくなるので、パソコンの容量を圧迫しなくなります。

 欠点は、多彩なプレイヤー作品としてのエンブレムが見られなくなることでしょうか。

emblem.png(3189 byte)

/showname : キャラクターの名前表示方向を変更します。

/showname

 キャラクターの名前表示方向を変更します。
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

 効果が分かりません!

showname.jpg(6341 byte)

/skillfail : 「スキル使用失敗」というメッセージを表示しないようにします。

/skillfail
/sf

 「スキル使用失敗」というメッセージの表示オンオフ切り替え。
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

 「スキル使用失敗」というメッセージが表示されなくなります。 このコマンドを使うと、失敗システムメッセージが表示されなくなり、ログ欄がすっきりします。

skillfail.png(7083 byte)

/ex 対象名 : 対象のキャラクターからの耳打ち(WIS)拒否

/ex 対象キャラクターの名前

 対象キャラクターのオープン発言と、耳打ち(WIS)を拒否します。
※対象キャラクターの体を右クリック[耳打ち受信拒否]でも同様。

 「耳打ち拒否状態」という言葉から勘違いしがちですが、実は相手の耳打ち(WIS)を拒否するのはもちろんのことオープン発言もろとも表示を拒否する最終手段のコマンドです。(パーティー会話などは見えます。)しかし、拒否状態を解除する方法もありますので、誤設定をしてしまっても安心してくださいね。

ex.png(3680 byte)
上記のような表示がでますが、実は対象キャラクターのオープン発言も貴方だけには見えなくなります。

《発言例》

/ex 対象キャラクター名
/exと対象キャラクター名の間に、半角スペースを挿入してください。仮に、拒否したい対象キャラクター名が田中という名前だったら、/ex 田中と発言をする事で、田中というキャラクターの耳打ち(WIS)とオープン発言を非表示にします。

 実行するには、正確にキャラクター名を入力する必要があります。しかし、入力が難しい複雑な名前をもつプレイヤーもいますよね。ですから、このコマンドで拒否設定をするより、対象キャラクターの体にマウス右クリックをかけて[耳打ち受信拒否](くどいようですが 実際は耳打ちどころか全発言拒否)を選択した方がより確実です。

/exall : 全キャラクターからの耳打ち拒否

/exall

全キャラクターからの耳打ち(wis)を拒否します。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

exall.png(4448 byte)※以前は、オープン発言も拒否状態になっていましたが、現在では耳打ち(WIS)のみの拒否コマンドに修正されたようです。

/ex : 耳打ち(WIS)&オープン発言拒否キャラクターリスト

 耳打ち(wis)と、オープン発言を拒否指定したキャラクター名をリストで一覧表示します。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

《発言例》  ex.png(3837 byte)   exnon.png(3019 byte)

/ex
/exと発言し、誰も拒否してしなかった場合は「耳打ち拒否リストがありません。」と、でます。しかし、過去に拒否設定をしていた場合には、「*耳打ち拒否リスト*」が表示されます。

 定期的に誤って登録してしまっていないか確かめるのに便利なコマンドです。

/in 対象名 : 対象のキャラクターからの耳打ち許可

in_name.png(3724 byte)/in 対象キャラクター名

 拒否していた対象キャラクターのオープン発言と耳打ちを、許可状態へ変更します。
※拒否中キャラクターの体を右クリック[耳打ち受信拒否状態を解除します。]でも同様。

《発言例》

/in 対象キャラクター名
/inと対象キャラクター名の間に、半角スペースを挿入してください。仮に、対象キャラクター名が田中という名前だったら、/in 田中と、発言することで、田中というキャラクターの全発言が再び見えるようになります。ちなみに/inとだけ打ち込むと、「コマンドを間違えています。」と表示され、リストにないキャラクター名の場合は「 さんからの耳打ち許可設定に失敗しました。」とエラーが表示されます。

/inall : 全キャラクターからの耳打ち許可

/inall

 全キャラクターのオープン発言、耳打ち(wis)の拒否状態を許可に変えます。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 キャラクターの体をマウス右クリックして[耳打ち受信拒否]選択をしたキャラクターや、/exコマンドで受信拒否にしたキャラクターすべてのオープン発言耳打ち(WIS)拒否を解除します。

inall.png(4428 byte) 今までの拒否リストが消去されます。/exall で全キャラクターの発言を拒否した場合にもこれが解除されます。全キャラクターからの耳打ち許可状態になりました。という表示ですが、実際にはオープン発言も見えるようになります。

/notalkmsg : オープン発言が会話ウィンドウに表示されなくなります。

notalkmsg.jpg(19814 byte)

/notalkmsg
/nm

 他人のオープン発言ログを残さなくします。
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

プレイヤーのオープン発言のログが、チャットウインドウ発言欄には表示されなくなります。発言そのものが聞こえなくなるわけではありません。 通常オープン発言をすると、キャラクターの頭上に一定期間発言メッセージが表示されます。そしてそれと同時にチャットウインドウ発言欄にログとして残ります。

しかし、このコマンドを使用すると頭上に表示されるだけになり、チャットウインドウ発言欄ログに残らなくなります。

notalkmsg1.png(7853 byte)

/gc 発言したい文字 : ギルドメンバーにメッセージを送信します

/gc
/guildchat

 頭に/gcを付けて発言すると、ギルド会話になります。
※チャットウィンドウ発言入力欄を[全体に送る]した状態で、ALT+ENTER。または、会話の頭に$でも同様。
※ギルドに加入している場合のみ。

gc.png(2532 byte)

/chat : チャットルームを作りウィンドウを開く

/chat
/coxldqkd

 チャットルーム作りウィンドウを開きます。
※Alt+Cでも同様。

 「チャットルーム作り」ウィンドウを開く事はコマンドでもできますが、ALT+C操作のほうが簡単です。このコマンドは、「チャットルーム作り」ウィンドウを開くだけです。/chat /の前に何も入力しないことと、半角スペースを挿入さえすれば/chat ああと発言してもコマンド入力に成功します。「ああ」というチャットルームが開設されるわけではありません。

/q : チャットルームから出る

/q

q.png(5938 byte) チャットルーム退出は、コマンドでも実行可能です。現在入室中のチャットルームから退出します。
※チャットルーム内部右上の小さい丸いボタンクリックでも同様。

/savechatでチャットのログをセーブします。

/savechat
/rkfanfl

 チャットウィンドウに残っているログを、パソコン上のフォルダにテキスト文章ファイルとして保存します。
※チャットルーム内部、入室者ゾーンで名前未選択のまま右クリック[チャットのログをセーブする]でも同様。

 保存先はパソコン内のゲーム本体をインストールしたフォルダの中のchatフォルダ内です。このコマンドを実行した際に、保存先が緑色文字で表示されるので参照してください。覚えて置かなければならない発言や、コピー&ペーストをしたいとき、相手の名前を正確に控える時などに便利です。

savechat.png(5728 byte)chattxt.png(343 byte)
緑のメッセージにファイルの保存場所が表示されます。

/memo : ワープする場所を記憶(ワープスキルがある場合)

/memo
/rldjr

 ワープポータルの転送場所を記憶するためのコマンドです。
※スキルを取得しているアコライト系専用コマンドです。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

memo.png(2304 byte) 記憶する事ができる場所でのみ成功させることができます。

/organize パーティー名 : パーティー結成

organize.png(8521 byte)/organize パーティー名称
/ruftjd パーティー名称

 パーティーを結成します。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。
※結成条件:ノービス基本スキルレベル7以上(6?)

《発言例》
/organize パーティー名称

/organizeとパーティー名の間に半角スペースを挿入してください。例えば、パーティー名をラグナロク通りという名前にしたい場合は、/organize ラグナロク通りと、打ち込んで発言をすれば、パーティーラグナロク通りが結成されます。

 「同じ名前のパーティーがあります。」と、エラー表示が出た場合は、すでにあなたがつけようとしたパーティー名が存在します。同じパーティー名を同サーバーに2つ作成する事ができませんので、違う名前をつけて再度作成してください。

パーティー名が全角8文字を越えている場合も、何故か「同じ名前の…」とでます。

 「名前が長すぎます。全角11文字、半角23文字以内にしてください。」と、ウィンドウでエラーメッセージがでる場合は、エラーメッセージの通り文字制限数を超えているため作成に失敗しています。再度制限数内のパーティー名で作成をしてください。

/leave : パーティー脱退

/leave
/xkfxhl

現在所属しているパーティーから、脱退する事ができます。
※Alt+Zパーティーウィンドウを開き、自分の名前を選択し、右クリック[脱退]でも同様。

leave.png(3451 byte)/leaveと発言するだけでパーティーから脱退できます。成功すると、「パーティーから脱退しました。」と、発言ログに表示されます。

/expel 対象者名 : 対象のキャラクターをパーティーから除名させる

/expel 対象キャラクター名
/wpaud 対象キャラクター名

 パーティーメンバーを強制脱退させることができます。
※Alt+Zパーティーウィンドウを開き、対象名を選択し、右クリック[除名する]でも同様。
※パーティーリーダー専用コマンドです。

/guild ギルド名 : ギルドを結成します。

/guild ギルド名
/rlfem ギルド名

 ギルドを結成します。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます

 ギルド作成については色々なサイトで情報収集してから慎重に結成する事をお奨めします。

 ギルドを結成させるには、エンペリウムという高価なアイテムが必要です。ギルド結成の際に、エンペリウムを消費しますから、名前は慎重に間違えないようにしてください。

 ギルド作成に失敗すると、以前はエンペリムが消滅してしまうという不便さがありましたが、今はどうでしょう…?サーバーが重い時間帯に結成する事は避けてください。結成に失敗する可能性が高いです。ラグで結成を失敗した場合は、エンペリウムが消滅していまいます。

 ギルドの名前制限は全角文字で11文字程度です。""(記号名は半角ダブルコーテーションだったかな)で挟むとギルド名の中に半角スペースを入れる事ができます。

《発言例》
/guild ブックマークRO店
/guildとブックマークRO店の間に半角スペースを入れて下さい。ブックマークとRO店の間のギルド名内に半角スペースを入れたいと思ったら/guild "ブックマーク RO店"になります。

※悲しいギルド作成失敗例
Bさん「ギルド結成コマンドって なんですっけ?」
Aさん「半角スラッシュguildだよ」
Bさん「/guild でいんですか?」と発言 すると…
ギルドが作成されました。
ギルド名【でいんですか?】ここに誕生!!!!
Bさん 「あ゛ーーーΣ( ̄ロ ̄)ーーー!!!!」
Aさん 「_| ̄|○まさか……」

 そのまさかです。

guild.png(4419 byte)
エンペリウムが必要です。

/breakguild ギルド名 : ギルド解散

/breakguild ギルド名
/gocp ギルド名

 ギルドを解散させます。
※ギルドマスター専用のコマンドです。ギルドメンバーを全員除名してからでないとできません。
※この機能はコマンドのみ実行することができます。

/breakguildのみでは実行されません。必ずギルド名と一緒に入力発言をしてください。ギルドマスター専用コマンドで、ギルドメンバーが全員ギルドから脱退していることが実行の条件です。

《発言例》

ブックマークRO店というギルドを解散させる場合
/breakguild ブックマークRO店
/breakguildとブックマークRO店の間に半角スペースを入れて下さい。
ブックマークとRO店の間のギルド名に半角スペースが入っている場合は
/breakguild "ブックマーク RO店"
になります。

/sit : 座る、立つ
/stand : 立つ、座る

sit.png(12436 byte)/sit
/dkswrl
/stand
/tjrl

 キャラクターが、立ちます。座ります。
※[Insert]キーでも同様。
※ノービスの基本スキルにポイントを3振り分けないと、座ること自体できません。

 座っている状態から、立ったり、立っている状態から座ることがコマンドでもできます。 /standは立っている状態から座ると説明にありますが、どっちのコマンドを使用しても結果は一緒です。 [Insert]キーを押して座ったほうが簡単です。

/doridori : キャラクターが左右に首を振ります。

/doridori

 キャラクターが左右に首を振ります。
※Shift+適当な地面を左クリックでも同様。

 左右に首を振る事は、マウスとキーボード操作で出来ますが、うまくShift+地面左クリックを利用しないと体ごと向きが変わってしまうので、失敗せずに一発で綺麗に首の向きを変えたい場合に、このコマンドが便利です。

doridori.jpg(7386 byte) また、露店中やHP0戦闘不能中は、キャラクターの向きを変えることが出来ないので、そのときにこのコマンドで向きを変えることができます。

 Shift+地面左クリックでもキャラクターの向きが変わります。

/bangbang : キャラクターが時計回りに回ります。

/bangbang

 キャラクターが時計回りに向きを変えます。
※Shift+適当な地面を左クリックでも同様。

bangbang.jpg(6371 byte) 体を一周させるには8回コマンド発言する必要があり、一度に体が一回転するわけではありません。向きが正面ならば、コマンド発言をすると体が斜めになります。ショートカット登録をしておけば、綺麗に体が一回転して面白いかもしれません。

 Shift+地面左クリックでもキャラクターの向きが変わります。

/bingbing : キャラクターが反時計回りに回ります。

/bingbing

 キャラクターが反時計回りに向きを変えます。
※Shift+適当な地面を左クリックでも同様。

bingbing.jpg(6072 byte) 体を一周させるには8回コマンド発言する必要があり、一度に体が一回転するわけではありません。向きが正面ならば、コマンド発言をすると体が斜めになります。ショートカット登録をしておけば、綺麗に体が一回転して面白いかもしれません。

 Shift+地面左クリックでもキャラクターの向きが変わります。

/snap : モンスター攻撃の時、スナップ On Off

/snap
/tmsoq

 モンスターへのカーソルスナップ オン オフ切り替えをします。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内の□attackチェックでも同様。

snap.jpg(2109 byte) オンの状態でモンスターにカーソルを近づけると、カーソルが近くのモンスターに自動で吸い付きます。オンオフ使いやすい方を選んでください。ペットにもカーソルが吸い付くのでペットを連れているプレイヤーには向かないコマンドです。

/skillsnap: スキルでモンスター攻撃の時、スナップ On Off

/skillsnap
/tmzlftmsoq

 対象指定カーソルの、スナップ オン オフを切り替えます。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内の□skillチェックでも同様。

 どのモンスターやプレイヤーに、そのスキルを使用するか選択指定する時、対象に近づけるだけで自動的にカーソルが吸い付きます。

 パーティー戦などで、一箇所に対象プレイヤーが集中する場合は、自動でカーソルをとられてしまうので、オフをお薦めできます。

skillsnap1.png(3713 byte) skillsnap.jpg(2173 byte)

/itemsnap: アイテムを拾う時、スナップ On Off

/itemsnap
/dkdlxpatmsoq

 アイテムを拾う時の、スナップ オン オフを切り替えます。
※キーボードAlt+Oのオプションウィンドウ内の□itemチェックでも同様。

 地面に落ちているアイテムの近くに、カーソルを近づけるだけで、アイテムにカーソルが自動で吸い付きます。アイテムが落ちていないか捜索する際に便利です。画面内をざっと探すだけで 勝手にカーソルがアイテムに反応して吸い付きます。

  しかし、アイテムが側にたくさん落ちている時は、目的の物を選びにくくなるコマンドだと思います。

itemsnap1.png(3919 byte) itemsnap.jpg(2491 byte)

/noshift : Shiftキーを押さずに対象指定スキルが使用可能に。

/noshift
/ns

noshift1.jpg(6492 byte)

 Shiftキーが必要な対象指定スキルが、Shiftキーを押さなくとも使用可能になります。
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

 ヒールは回復魔法です。しかし、不死属性モンスターにヒールをかけると、ダメージを与えることが出来ます。そのことを「ヒールアタック・ヒール砲・ヒールボム」などと呼び、Shiftを押しながら不死属性モンスターに指定する事で使用する事ができます。

 そこで/noshiftをオンにすると Shiftを押さなくとも使用することができるようになります。しかし、プレイヤーにかけたいときに、側にいる敵に誤ってかかってしまう不便さがあります。

noshift.png(7616 byte)

/battlemode : ショートカットセット キーボード割当

/battlemode
/bm

 ショートカットセットを、キーボードに割り当てます。

 ショートカットセット2がQ〜O、ショートカットセット3がA〜L、ショートカットセット1はF1〜F9に加え、Z〜>の各キーが割り当てられます。

ショートカットセット1 : F1〜F9+Z〜>
bm1.png(8281 byte)

ショートカットセット2 : Q〜O
bm2.png(8491 byte)

ショートカットセット3 : A〜L
bm3.png(8531 byte)

▼注意点
 バトルモード中、キーのほとんどがショートカットセットに割り当てられる代わりに、会話発言が出来なくなります。発言をする場合、「半角スペースを1回押す」か、「Enterキーを1回押す」と、位置カーソルが出現します。

※半角スペース:Shift+スペース(カスタマイズにより異なります)

▼解除の仕方
 上記の方法で発言モードに切り替えて、/battlemodeまたは/bmを発言すると解除されます。

battlemode.png(15813 byte)

バトルモードに関する考慮サイト(新しいウィンドウで開きます)
http://poring.parfait.ne.jp/{ Other }神の左手悪魔の右手

/quickspell : マウス右クリックで、F9 に保存したスキルを使用します。

/quickspell
/q1

 マウス右クリックで、F9 に保存したスキルを使用します。

 マウス右クリックを戦闘中によく使用する人には向かないコマンドです。

quickspell.png(10472 byte)

/quickspell2 : マウスホイールにF7 F8割り当て

/quickspell2
/q2

 マウスホイールを上下に操作して、F7 または F8 に保存したスキルを使用します。

 回復アイテムを入れておけば、マウス操作で攻撃と移動と回復ができます。 コマンド用に、F7F8を入れ替えるのは面倒なので、ショートカット切り替えを利用します。

 さらに例えば、F7F8に頭装備を入れてコマンド実行すると、高速で装備切り替えができます。ちょっとした遊びになります。

quickspell2.png(12179 byte)

/deal 対象者名 : 対象のキャラクターへの取引要請

/deal 対象キャラクター名
/rjfo 対象キャラクター名
/ryghks 対象キャラクター名

 指定したキャラクターに取引要請をかけます。
※対象キャラクターの体を右クリック[  さんに取引要請]でも同様。

 使い所としては、人が密集している地帯で取引をする場合、なかなか対象キャラクターをクリックできませんから、そんな時に便利なのかもしれません。しかし、対象キャラクター名を正確に入力する手間があるため、使われていないコマンドです。

/notrade : 取引要請を自動拒否する。

/notrade
/nt

 他キャラクターからの取引要請を全て無視するようになります。

 ギルド攻防戦の最中に、取引要請を受けたくない場合などに便利なコマンドです。

notrade.png(5864 byte)

/skip : フレーム スキップ オン オフ

skip.png(3211 byte)/skip

 フレームスキップ オン オフの切り替えをします。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 以下、ラグナロク専用掲示板にゅ缶のスレッド「初心者集まれ!その3」からの引用です。

342 名前:(^ー^*)ノ〜さん 投稿日:03/11/17 16:56 ID:hpjXWq92

 変な質問で申し訳ありませんが・・・・。 /skipでフレームスキップの ON・OFF 切り替えができますよね。 このフレームスキップっていうのは 具体的に何の動作を表してるのでしょうか・・・?

343 名前:(^ー^*)ノ〜さん 投稿日:03/11/17 17:16 ID:AZS1D8PD

>>342
全く変な質問ではありません、ご安心を。

 /skipコマンドでのフレームスキップ機能は「秒間描画」の処理をスキップ(省略)する機能です。 例えばWizさんがソウルストライクを発動させた場合、Offの場合はほぼ一瞬で敵に向かって光球が 飛んで命中しますが、Onの場合は光球が浮かび上がり敵に命中していく様子が描画されます。 また、ファイアウォールなどの描画処理の場合は完全に省略されるために画面に表示されません。

 描画処理をスキップせずに行う場合、相応の処理能力が要求されるために、ラグが頻繁に発生する 場合はoffにすると良いでしょう。また、/mineffectコマンドなどで簡略化することも一つの手です。

344 名前:(^ー^*)ノ〜さん 投稿日:03/11/17 17:22 ID:Faibm4NV

>>342
ONなら移動先の情報読み込んでから移動
OFFなら読み込まずに移動

具体的に町の中で例えると3歩先をクリックした場合
ON…3歩先の範囲の露店の情報を全部読み込むまで止まる
OFF…3歩歩いたあと露店がぽつぽつと現れる

性能高めのPCなら止まるって言っても処理速度が速いから特に問題ない。
OFFは処理負荷が低くなるもののダンジョンで急に敵が現れたように見えることも。

 (´・ω・`)ノシ∩へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜へぇ〜。
実は私も、このコマンド効果を具体的によく知らなかったので、にゅ缶から引用させて頂きました。ちなみに私のパソコンでは、オンにすると動きがスローモーションになってしまうため常時オフ設定にしています。

/camera : プレイヤーにカメラ固定 On Off

プレイヤーにカメラ固定 オン オフ
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

使った事がないコマンドなので説明ができません…。もともとの説明文章は、プレイヤーにカメラ固定と表記されています。

私の環境ですとOnの場合。キャラクターが指定のポイントまで移動をし終え停止する際に画面がぴたっ!と停止した地点ですぐ止まります。OFFの場合。緩やかに、画面が遅れてキャラクターと移動し終わり止まります。

131  カメラ固定とゆーのはですね 2004/01/14  ■Res■
From:通りすがり 

すでにご存知ででしたらすみません。
カメラ固定というのはですね、ROのプレイ画面は普段はいわゆる「電車に乗って外を見ると風景が後ろに飛んでいく」効果が付加されており、カメラ固定とはこの効果をキャンセルするものです。
つまり、キャラのスピードに対応した視覚効果をつけているのですが、それをキャンセルし、キャラと背景との距離感その他を固定した値にして処理するものです。
なので「ピタっととまる」ように感じるのですね。
軽くなるかはわかりませんが、慣れるとキャラが軍隊のようにきっちり動いているように見えますよ。

Σ (´・д・`) Σ (´・д・`) Σ (`・д・´) だからピタっと止まるのかーーー!!
β時代から効果がさっぱりでしたが、教えて頂きやーーっと謎がとべてすけました。通りすがりさん、どうもありがとうございましたー!

camera.png(4318 byte)

/set1 : /noctrl + /showname + /skillfail

/set1

 スキル使用失敗メッセージ表示 + 名前方式変更 + 自動攻撃を同時実行
※この機能はコマンドでのみ実行することができます。

/set1を発言すると、以下の3つのコマンドが同時に実行されます。

set1.png(11547 byte)
【/set1=/skillfail + /showname + /noctrl】

/tip : 「今日の豆知識」メッセージウィンドウ表示(未実装)

/tip

tip.png(2135 byte) β時代には、「今日の豆知識」というメッセージウィンドウを表示させるコマンドでした。
※この機能はコマンドでのみ実行する事ができます。

 現在は、/tipを実行しても、メッセージウィンドウは白紙です。未実装のコマンドに逆戻りをしてしまいました。ちなみに実装当時は「→モンスターの上にマウスカーソルを動くと、カーソルが剣の形で変えます。この時、クリックで攻撃する事ができます。」というような、初心者向けの豆知識がランダム表示されていました。

ホーム / このページの一番上に飛ぶ↑
ブックマーク ラグナロク通り