ブックマーク ラグナロク通り

耳打ち(wis)機能を使う

耳打ち(wis)とは

(From 相手の名前):相手から耳打ちが届いた場合
この会話は、あなただけしか見れません。
自動的に挿入されるFromという表記は、友達登録している相手ならFriendに、同じギルドの人ならMemberという表記に変わります。

(To 相手の名前) : 自分が相手へ耳打ちを送信した場合
Toは自動的に挿入される表記ですので、自分でToと入力する必要はありません。この会話は送った相手しか見れません。

耳打ち(Wis)の基本的な使い方

  1. 会話ウィンドウ左側にある短い入力欄に、耳打ち(Wis)する相手の名前を正確に入力する
  2. 会話ウィンドウ右側にある長い入力欄に、メッセージを入力する
  3. キーボードの[Enter]キーを押す

 を押すと過去に耳打ち(wis)した相手のリストを表示します。ログアウトするまで、何度も相手の名前を入力する手間が省けます。

[Tab]キーを押すと、左右の入力欄にマウスカーソルが移動します。

会話ウィンドウを利用する

ulisu.gif(9234 byte)

会話ウィンドウのログをマウス左ダブルクリックすると、該当キャラクター名が左の入力欄に自動入力されます。

友達リストを利用する

友達リストからも、耳打ち(wis)を送信することができます。ただし、友達リストに相手を登録するには、相手の許可が必要です。2005年02月15日のパッチ以降、友達リストが仕様変更になりました。

1:1ウィンドウを開く


1:1ウィンドウでは、すでに送信する相手が決められているので、メッセージだけ入力し発言してください。

リストの名前をダブルクリック、またはマウス右クリック「1:1ウィンドウを開く」を選択すると開きます。また、アイコンからも1:1ウィンドウを開けます。

1:1ウィンドウを開いても、相手の1:1ウィンドウまで開くことはありません。 相手が友達からの耳打ち(wis)を1:1ウィンドウで受ける設定をしていると、送信した際に相手のウィンドウが開きます。

1:1ウィンドウの不便

友達リストの設定

 虫眼鏡のアイコンを押すと、下記の設定変更が可能です。(ショートカット:[Alt] + I)この設定を利用する事によって、うまく耳打ち(wis)を使う事ができます。

 □友達ではない場合、自動で1:1ウィンドウを開く
 □友達の場合、自動で1:1ウィンドウを開く
 □1:1ウィンドウを開くとき、音で知らせる