一言メールフォーム設置 -Form2Mail編-

CGI RESCUEさんの「Form2Mail」で、スパム対策キー付きの一言メールフォームを作ります。
(マルチパート対応フォームメールのフォームtoメール)

留意事項
念のため

form2mailサンプルA

投稿キー付きのサンプルです。

一言メール※送信テストはできません

←日本とご記入下さい(漢字2文字)

特徴
設定

ソース(form2mail専用)

<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<p>
<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名">
<input type="hidden" name="_location" value="http://"><!-- 送信後のURL -->
一言メール<br>
<textarea name="内容" rows="1" cols="40"></textarea><br>
<input type="text" name="_spamkey" size="5">
←日本とご記入下さい(漢字2文字)
<input type="submit" value=" 送 信 "></p>
</form>
<!-- ここまで -->

以上をコピーしてHTML文書に張り付けます。
http://〜/form2mail.cgi を、設置したform2mailのURLに変えてください。

http://には、送信後に表示するページのURLを入れます。自作の「送信完了」ページのURLを指定することもできます。
投稿キーのヒントは、設定した答えに合わせて書き直してください。

form2mailサンプルB

送信完了ページに、<a href="http://" target="_top">文字列</a>を入れるサンプルです。

※送信テストはできません
一言メール

←日本と入力してください(漢字2文字)

特徴

(あくまでイメージです)

homu.gif(1563 byte)

ソース(form2mail専用)

<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<p>
<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名">
<input type="hidden" name="_gourl" value="http://"><!-- リンク先のURL -->
<input type="hidden" name="_goname" value="ホームへ戻る"><!-- リンクする文字 -->
一言メール<br>
<textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea><br>
<input type="text" name="_spamkey" size="5">
←日本と入力してください(漢字2文字)
<input type="submit" value=" 送 信 "></p>
</form>
<!-- ここまで -->

以上をコピーしてHTML文書に張り付けます。
http://〜/form2mail.cgi を、設置したform2mailのURLに変えてください。

http://ホームへ戻るは、先ほどの表示例を参考に設定してください。
投稿キーのヒントは、設定した答えのヒントに書き換えます。

form2mailサンプルC

任意で、内容確認ページを表示するサンプルです。

※送信テストはできません
一言メール

特徴

ソース(form2mail専用)

<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<p>
<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名">
<input type="hidden" name="_indispen" value="内容"><!-- 内容を入力必須に -->
<input type="hidden" name="_location" value="http://"><!-- 送信後のURL -->
一言メール<br>
<textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea>
<input type="submit" value=" 送 信 ">
<br>
<input type="checkbox" name="_check" value="1" id="box">
<label for="box">送信前に内容を確認する</label>
</p>
</form>
<!-- ここまで -->

以上をコピーしてHTML文書に張り付けます。
http://〜/form2mail.cgi を、設置したform2mailのURLに変えてください。

http://には、送信後に表示するページのURLを入れます。form2mailの「送信しました」ページを表示しません。

form2mail用サンプルD

任意で、送った内容を表示するサンプルです。

※送信テストはできません
一言メール

特徴

例(あくまでイメージです)

送信後に表示するページのURLを指定している場合、代わりに[コピーしたら次へ]が表示されます。

ho-mu2.gif(2155 byte)

ソース(form2mail専用)

<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<p>
<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名">
<input type="hidden" name="_indispen" value="内容"><!-- 内容を入力必須に -->
<input type="hidden" name="_location" value="http://"><!-- 送信後のURL -->
一言メール<br>
<textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea>
<input type="submit" value=" 送 信 ">
<br>
<input type="checkbox" name="_ccopy" value="1" id="copy">
<label for="copy">送信後に内容の写しを見る</label>
</p>
</form>
<!-- ここまで -->

以上をコピーしてHTML文書に張り付けます。
http://〜/form2mail.cgi を、設置したform2mailのURLに変えてください。

http://には、送信後に表示するページのURLを入れます。

form2mail用サンプル ★

※送信テストはできません
管理人にコメントを送る

確認用キーワード(必須入力)
←日本と入力してください(漢字2文字)

特徴

ソース(form2mail専用)

<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<p>
<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名">
<input type="hidden" name="_check" value="1"><!-- 送信前確認表示 -->
<input type="hidden" name="_ccopy" value="1"><!-- 送信内容の写し -->
<input type="hidden" name="_gourl" value="http://"><!-- リンク先のURL -->
<input type="hidden" name="_goname" value="ホームへ戻る"><!-- リンクする文字 -->
管理人にコメントを送る<br>
<textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea>
</p>
<p>確認用キーワード<br>
<input type="text" name="_spamkey" size="5">
←日本と入力してください(漢字2文字)
</p>
<p>
<input type="submit" value="入力内容を確認する">
</p>
</form>
<!-- ここまで -->

以上をコピーしてHTML文書に張り付けます。
http://〜/form2mail.cgi を、設置したform2mailのURLに変えてください。

http://ホームへ戻るは、先ほどの表示例を参考に設定してください。
投稿キーのヒントは、設定した答えのヒントに書き換えます。

form2mail用サンプルE

form2mail用のコマンドで件名を指定します。form2mailの場合、有効なタイプは hidden text radioです。(readme.txtより)

hiddenタイプ

form要素内で件名を指定します。隠し項目で送信者は操作できません。

<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名">

使用例とソース

一言メール

<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<p>
<input type="hidden" name="_subject" value="メールの件名"><!-- 件名を指定 -->
<input type="hidden" name="_indispen" value="内容"><!-- 内容を入力必須に -->
<input type="hidden" name="_location" value="http://"><!-- 送信後のURL -->
一言メール<br>
<textarea name="内容" rows="1" cols="40"></textarea>
<input type="submit" value=" 送 信 ">
</p>
</form>
<!-- ここまで -->

以上をコピーしてHTML文書に張り付けます。
http://〜/form2mail.cgi を、設置したform2mailのURLに変えてください。

http://には、送信直後の表示先URLを入れます。

textタイプ

送信者が件名を入力するタイプです。

<input type="text" name="_subject" size="40" value="問い合わせ" maxlength="30">

補足

初期値と最大入力数を設定しない場合は、<input type="text" name="_subject" size="40">で結構です。

使用例とソース

件名 (30字まで)
内容
<!-- ここから -->
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">

<div>
    <input type="hidden" name="_indispen" value="内容"><!-- 内容を入力必須に -->
    <input type="hidden" name="_gourl" value="http://"><!-- リンク先のURL -->
    <input type="hidden" name="_goname" value="ホームへ戻る"><!-- リンクする文字 -->
</div>

<table>
<tr>
    <td>件名</td>
    <td><input type="text" name="_subject" size="40" value="問い合わせ" maxlength="30">(30字まで)</td>
</tr>
<tr>
    <td style="vertical-align: top;">内容</td>
    <td><textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea></td>
</tr>

<tr>
    <td colspan="2" style="text-align: right;">
    <input type="submit" value=" 送 信 す る "></td>
</tr>
</table>

</form>
<!-- ここまで -->

http://ホームへ戻るは、先ほどの表示例と同じです。

radioタイプ

○○ ×× □□

ラジオボタンで送信者が件名を選べます。

<input type="radio" name="_subject" value="○○">○○
<input type="radio" name="_subject" value="××">××
<!-- ↓一つだけ最初から選んだ状態にする用 -->
<input type="radio" name="_subject" value="□□" checked>□□

件名指定ラジオボタンの補足

checkedの補足

checkedラジオボタンかチェックボックスのみに指定できる属性です。では各グループに一つだけには複数指定できます。

checkedがなく送信者が件名を選ばない場合、件名のデータは送られません。

使用例とソース

件名: ↓お選び下さい
ご意見・ご感想 リンク切れ その他
内容:
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<div>
    <input type="hidden" name="_indispen" value="内容"><!-- 内容を入力必須に -->
    <input type="hidden" name="_gourl" value="http://"><!-- リンク先のURL -->
    <input type="hidden" name="_goname" value="ホームへ戻る"><!-- リンク文字 -->
</div>
<table>
<tr>
    <td style="vertical-align:top">件名:</td>
    <td>↓お選び下さい<br>
    <input type="radio" name="_subject" value="ご意見・ご感想" checked>ご意見・ご感想
    <input type="radio" name="_subject" value="リンク切れ">リンク切れ
    <input type="radio" name="_subject" value="その他">その他
    </td>
</tr>
<tr>
    <td style="vertical-align:top">内容:</td>
    <td>
    <textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea>
    <input type="submit" value="送信">
    </td>
</tr>
</table>
</form>

おまけ(説明なし)

文字クリックでボタンがチェックされます。

<input type="radio" name="_subject" value="件名○○" id="subject1">
<label for="subject1">件名○○</label>

<input type="radio" name="_subject" value="件名△△" id="subject2">
<label for="subject2">件名△△</label>

<input type="radio" name="_subject" value="件名××" id="subject3">
<label for="subject3">件名××</label>

<input type="radio" name="_subject" value="件名☆☆" id="subject4">
<label for="subject4">件名☆☆</label>

<input type="radio" name="_subject" value="件名□□" id="subject5">
<label for="subject5">件名□□</label>

赤色の数字は半角です。どれか一つにcheckedを。

サンプル(説明なし)

件名: ▼お選び下さい
内容:
<form action="http://〜/form2mail.cgi" method="post">
<div>
    <input type="hidden" name="_indispen" value="内容"><!-- 内容を入力必須に -->
    <input type="hidden" name="_gourl" value="http://"><!-- リンク先のURL -->
    <input type="hidden" name="_goname" value="ホームへ戻る"><!-- リンク文字 -->
</div>
<table>
<tr>
    <td style="vertical-align:top">件名:</td>
    <td>▼お選び下さい<br>
    <input type="radio" name="_subject" value="メール:ご意見・ご感想" id="opinion">
    <label for="opinion">ご意見・ご感想</label>
    <input type="radio" name="_subject" value="メール:リンク切れ" id="deadlink">
    <label for="deadlink">リンク切れ</label>
    <input type="radio" name="_subject" value="メール:その他" id="other" checked> 
    <label for="other">その他</label>
    </td>
</tr>
<tr>
    <td>内容:</td>
    <td>
    <textarea name="内容" rows="2" cols="40"></textarea>
    <input type="submit" value="送信">
    </td>
    </tr>
</table>
</form>

ボディ設定

送信確認/完了画面の背景色と文字色の設定を、form要素内に記述します。

Form2Mailの説明書より

*6 <input type=hidden name="_body" value="bgcolor=#000000 text=black">
   <BODY ***>の***の部分を、"を使わずに設定します。送信フォームの画面と統一性を
   持たせたい場合に設定します。

<input type="hidden" name="_body" value="bgcolor=#000000 text=black">

#000000が背景色、blackが文字色になります。

例(あくまでイメージです)

送信できません

画面に書かれていることに従ってキーワードを入力してください.

[戻る]

readme.txtの一部をテーブル化

readme.txt

コマンド名 設定内容 有効なタイプ
メールのタイトル _subject メールの題名 hidden text radio(*1) select
送信後のページ _location URL(httpから) hidden
送信後にリンク(*2) _gourl URL(httpから) hidden
送信後にリンク(*2) _goname 名称 hidden
Eメール欄設定 _emailset Eメールとして扱う欄の名称(*3) hidden
Eメール再入力確認 _emailset2 Eメールの再度入力確認(*3) hidden
表記形式(*4) _type 1または空欄 hidden
必須入力設定(複数可) _indispen 必須入力にする欄名(*5) hidden
ボディ設定(*6) _body <body>設定に準拠 hidden
送信前確認表示 _check 1または空欄 hidden checkbox(*7)
送信内容の写し _ccopy 1または空欄 hidden checkbox(*8)
CSV出力 _csv 1 hidden(*9)
スパム送信防止 _spamkey 空欄 text(*10)

FormMailの決まり

_(半角アンダーバー)を先頭に付けるとコマンドになる

name属性値の先頭に_をつけるとコマンドと判断されます。コマンド以外で_を先頭に付けないでください。

anonymous@on.the.netの人に返信できない

これは送信者のメールアドレスではないので返信できません。form2mailでは、メール欄が空欄の場合、anonymous@on.the.netで届くようになっています。Undisclosed-Recipient@〜〜で届くかもしれません。気になる場合は、送信テストで確認してください。

確認画面にヘッドメッセージ ボトムメッセージと表示される

form2mail.cgi「処理画面の上部に挿入するHTML欄」で変更できます。

注意:ファイル添付フォームも作成している場合

form2mailのreadme.txtを見ると分りますが、ファイル添付フォームとテキストのみのフォームではform要素の記述が異なります。

↓このページで使っている記述

<form action="form2mail.cgi" method="post">

↓ファイル添付する場合

<form action="form2mail.cgi" method="post" enctype="multipart/form-data">